失業保険の加入義務除外者について

「いざ!」と言うときに使いたい失業保険。これは、働いていれば、誰でも失業保険を受けられると思っている方が多いようですが、実はそうではありません。

サイトトップ > 失業保険の加入義務除外者

スポンサードリンク

失業保険の加入義務除外者について

失業保険の加入義務除外者


みなさん、失業保険を使ったことがありますか?「いざ!」と言うときに使いたい失業保険。これは、働いていれば、誰でも失業保険を受けられると思っている方が多いようですが、実はそうではありません。


適用されない除外者になった場合は、たとえ、雇われている事業が適用事業であっても、失業保険に加入することすら出来ません。 これとは反対に、適用除外者でなければ、失業保険へ加入しなければならない義務があります。 ですから、失業保険に入りたくないという個人の意思があっても関係なく、入らなければなりません。 では、どんな人が失業保険に加入できないのでしょうか?


適用除外者になる人はいろいろなケースがありますが、まず、臨時で働いている人は除外されます。 また、内職などの雇用は除外されます。 これらはどうして除外されるのかと言いますと、支払われている賃金が、家計を助けるくらいの金額であることが理由です。 こうした仕事は、毎日、決まってあるわけではありません。 ですから、継続しない雇用、臨時的な雇用など、内職のような雇用には、失業保険は必要ありません。 このような仕事をしている人は、適用除外者となり失業保険に加入する必要はありませんし、加入したくても入ることが出来ません。


次に、日本から出て海外で働く人も失業保険の適用除外となります。 例えば、海外にある会社で現地採用されれば、失業保険の適用除外となります。 それが日本の会社であっても、海外にあって、現地採用になれば、除外者となるわけです。


失業保険の加入義務除外者について

MENU



スポンサードリンク